Tacmart あふりか屋 【サバイバルゲーム・タクティカルトレーニングサポートショップ】
ホーム | エアガンアクセサリー・パーツ > Glock【Grip Force】Grip Force Adapter
商品詳細

【Grip Force】Grip Force Adapter

販売価格: 8,500円 (税込)
[在庫数 ×]

リアルGlock用グリップアダプター

 

グロックシリーズ特有のグリップアングルは1911系に慣れ親しんだ

シューターにはサイティング時にフロントサイトが浮きやすく、

それはホルスタードロウ時に顕著に発生します。

また、Glockは反動抑制を効果的に行うためにグリップから銃身軸の

距離が短く、グリップ上部を握るハイテングリップの際、銃を握る親指、

人差し指の後部を前後動するスライドに噛まれる事故が発生する事が

多々ありました。また、グローブ着用時にこの現象が発生すると

スライドの閉鎖不良となり、次弾射撃が不可能な危険な状態と

なります。

 

グリップ形状から発生する上記事案を解決する為に開発されたのが

本製品となります。グリップ後部に本製品を装着する事で特有の

グリップアングルを修正します。また、後部にビーバーテイルを

設ける事で作動するスライドに手、グローブが接触する事を防ぎます。

下画像のようにGlockをハイグリップした際、前後するスライドに

「手を噛まれる」事故が発生するのを防ぎます。

そしてビーバーテイルはグリップ上部を握るハイテングリップを

より安全に実現します。サムレストを設けないことでリロード時に

マガジンキャッチに素早くアクセスする事が可能です。

 

 

元デルタフォース隊員、現タクティカルスクールCSATを主宰する

ポウル・ハウ氏が愛用するGlock32に装着されている他、ケン・ハッカーソン、

ビル・ロジャース、デイブ・ハリントン等著名なインストラクターもその効果を

認めている、グロックユーザー必携のアイテムです。

元オーストラリアSAS隊員、現在RED BACK ONE代表

ジェイソン・ファラ氏愛用のSA Glock17にも装着されています。

 

【セット内容】

前期型、後期型各1個です

 

【フィッティング】

リアルGlock用ですがエアソフトガンにも容易に装着可能です。

既存エアガンGen1、2、3製品ノーマルグリップ、

GUARDERカスタムグリップ(Gen3型)には、

Gen123用を選択して下さい。

 

WE他海外製 Gen4グリップ バックストラップ未使用時はGen4用を選択して下さい。

WE他海外製 Gen4グリップ バックストラップMサイズ使用時はGen123用を

選択して下さい。

WE Gen4グリップ バックストラップLサイズ使用時はGen123用を

ドライヤーで熱しサイズを合わせる必要があります。

*付属後期型はGen123、Gen4兼用となります。

 

★オマケ★

新型発売に伴い現在漏れなく新旧各1個付属のお届けとなります。

新型はビーバーテイル部モールドを排しバックストラップを短縮しています。

(画像は新型です。)

 

フルサイズの17や34では前期型が握り易く、コンパクトの19は後期型が無加工で

取り付けが可能でグリップの感覚も非常に良いです。

☆独り言☆

ヒット作の宿命と言うか、レプリカが発売されました。

外見は良く似せてありますが実物とは材質が異なり、

強度を増そうとしたためかグラス繊維を入れてあるためか

ドロウの際、手にあたると硬さと言うか実物には無い

硬質感がありナチュラルなグリップには違和感があります。

どちらを買おうか迷う場合、初めてでしたらまず実物を

ご購入される事をお勧めします。実物の感触を知らずして

レプリカを手にされる事はある意味不幸と思います。

 


あふりかアイ
(画像をクリックすると大きく見られます)
Glock用グリップアダプターとしては画像上段Glock34に装着されたMagloc社製ビーバーテイルサムレストがあります。両製品の違いはサムレストの有無。1911ユーザーがサムセーフティに親指を置くグリッピングを行うのを意識したMagloc社に対してGrip Force社は、昨今ハンドガングリッピングで推奨されるサポートハンド親指後部にウエポンハンド親指をレストする「コンバットグリップ」を行う事を想定しています。両製品を使い比べて感じるのはレディ状態からの射撃には違いを感じませんが、ホルスタードロウからの射撃、マガジンチェンジのリグリップは明らかにGrip Force Adapterの方に使いやすさを感じました。タクティカルトレーニングにおけるトランジッション、各種リロードの際にその効果が実感できる筈です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
現在製品には新型形状のアダプターが漏れなく付いてきます。新型はバックストラップを短縮しGlock19、Glock26へ装着する際にもカットの必要がありません。グリップ後端をカバーする形状の為に装着時はスライド作動時に干渉しないことを確認して下さい。もし干渉する場合はアダプターの接触する場所を削る必要がありまが樹脂製の為に作業は非常に簡単です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
本アダプターを装着するとトリガーリーチ(A)がGen123用で約1.9mm、Gen4用で約2.3mmノーマルよりも長くなります。本来Glockは訓練時間の短い射手でも暴発の危険を避けるため、トリガーリーチ、遊びを長く設けていますが中級射手以上にはジャークの原因として嫌われていました。最善の解決策はアジャスタブルトリガーとの併用となります。このラインのカスタムは実銃界でも最近の流行となっています。

【Grip Force】Grip Force Adapter

販売価格: 8,500円 (税込)
[在庫数 ×]

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス